« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

秋雨前線でしょうか

これから秋本番に向かうと思います。それには秋雨前線がなくなって冷気が日本列島を覆うようになるようになると思います。そうなるとわがガーデンの葉ぼたんも色づいてきます。今年はどんな色になるのか楽しみでもあり心配でもあります。今の時期はアオムシやヨトウムシ、コナガなどの虫が増えて葉ぼたんを好んで食べます。写真はアオムシの親であるモンシロチョウのランデブーの様子です。よく見るとオスとメスが合体しています。合体したままで空中を飛ぶんですから、少し羨ましいです。

Monsirotyou 

主人公のご挨拶

わがガーデのあるじのアマガエルさまは、なかなか撮影に応じてくれません。また撮影してもカメラのせいか腕が悪いのかピンボケになったり。今日はなんとか皆さんにお見せできるかと思います。末永くよろしくおつきあいのほどお願いいたします。

Kaeru

何という蝶になるでしょう?

今日もステラ夫妻が畑仕事を手伝いにきてくれました。ありがとうございました。奥さんがヤブガラシの蔓についていた大きなムシを発見しました。それは体長が5㎝ほどあり尻の方にツノがありました。そして体のわきに円形の斑紋が7個両側にありました。たぶん美しい蝶になるのではないでしょうか。Dsc03170

トノサマガエル

畑で水かけをしていたらトノサマガエルが気持ち良さそうにしていました。畑の虫など食べて体がだいぶ大きくなっていました。暑いので夏ばてしたのか動きがにぶいようでした。きのうはヘビのアオダイショウがいましたが仲間が食べられたかも。

Dsc03158

コスモスが咲きました

コスモスは秋を代表する花のひとつです。コスモスの名前はどこからついたでしょうか。だいぶまえに旧ソ連の人工衛星にコスモスと言う名前があったような気がします。図鑑によると学名がCsmosでギリシャ語からとったもので調和、栄光、宇宙などの意味があるとのことです。原産地はメキシコでわが印西市の花でもあります。

Dsc03140

秋の七草のひとつ

秋の七草でもフジバカマやオミナエシなどは野生のものをみかけられなくなりました。でもこのクズはいくらでも見ることができ、雑草の嫌われ者にもなっています。でもこの時期にはたくさんの花を付けます。花は葉にかくれてあまり目立ちませんがけっこうきれいな花です。また匂いもいい香りがします。

このクズの生命力はすばらしいと思います。ガーデニングの素材にもなると思っています。

Dsc03138

葉ぼたんの植え替え

8月上旬に種まきした葉ぼたんは、この前の台風に打たれながらもたくましく育っています。そして植え替え時期になりました。昨年はアルバイトに来てくれた人がいましたが、わけあってその人はいません。困っているところに遠方より友人が来て手伝ってくれました。ありがとうございました。

Dsc03136

台風水と花

台風9号が通りすぎました。心配していた被害は少ないと思っていたら、離れた場所の滝地区にある農園のトマトのミニハウスが壊されました。台風にはかないません。

鉢の培土を混ぜる容器に台風の雨でいっぱいになっていました。その水の量からして100ミリは降ったと思います。その雨水にジニア、マリーゴールドなどの花を浮かべてみました。

Dsc03129

台風9号が近づいてます

台風9号は八丈島付近にあって北上し明日の夜は本土上陸しそうです。台風はいつも、わがガーデンが気がかりです。特に幼い葉ぼたん、パンジーなどが心配です。でも彼らの宿命でもあります。台風の洗礼を受けて一人前になるでしょう。なんて言ってみても心中穏やかではありません。

ジニアの秋の色

ジニアのプロフュージョンの色が良くなってきました。

ジニアは和名が百日草ですがプロフュージョンは種苗会社「サカタのタネ」で育成した新しい品種です。病害虫も少なくつくりやすく花が連続して咲くので私は気に入っています。特にこれから花の色も良く秋を彩る花として優れていると思います。

Dsc03123

野草堆肥

鉢植えの葉ぼたんやパンジーを育てる用土に赤土と堆肥を混ぜて使っています。その堆肥は草刈りをしている会社から無料でいただいたものです。運んできた時はまだ腐熟していませんが積んでおくと熱がでてきて発酵します。6ヶ月くらい腐熟させて使います。

Dsc03121 

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ